juusi

新人ナースに必要なことってどんなこと?

juusi新人ナースに病院が求める事。
それは熱意を持っていて、
さらに明るく前向きな人だと言われています。

新人ナースはどうしても、
仕事に慣れていないということで、
失敗なども多くみられます。

 

患者さんの命を預かる立場として、
失敗は許されないものも多くあるため、
上司や先輩たちはきつく注意をしたり、時には怒ったりもします。

そのたびに落ち込み、沈み込んでしまうような人は、
この先看護師としてやっていけないのでは?
と採用を見送りたくなりますよね。

 

病院側としては、新人看護師を教育し、
長く病院に勤務してもらいたいのに、
ちょっとしたことで挫折して転職をしそうな人は、採用したくないんです。

失敗しても、怒られても、次は頑張ってやる、
失敗しないでこなす!
と前向きに頑張ることが出来る。

 

このような人であれば、
採用されやすくなりそうですよね。

 

新人ナースがいくら看護知識や看護技術が優れていることをアピールしたとしても、
それはあくまでも学生として、試験対策として。
と考えられてしまいます。

実際に臨床の現場での経験は殆どなく、
先輩看護師や上司からみれば、
知識や技術はないに等しいと考える人もいます。

 

新人ナースがアピールできる材料は、
知識や技術よりも、真面目に頑張る姿勢や、
分からないことは積極的に聞くような前向きさ、
しっかりと人間関係を築くことが出来るコミュニケーション能力などになってきます。

職場見学や面接の時には、
これらを積極的にアピールできる立ち振る舞いもとても重要ですよね。

taihen

新人看護師の再就職は大変?簡単?

taihen看護師の職場って、どこも人材不足ってよく聞くし、
求人もとても多いみたいだから、
辞めてもすぐに職は見つかるよね。

そんな風に思っている新人看護師も
多いのではないでしょうか。

 

確かに看護師不足は深刻で、
現在休職中の看護師にも復帰してもらいたいということで、
復職支援などにもとても力を入れている。

という医療機関も多くみられます。

 

新人研修を受けている横で、
休職明けの看護師が一緒に研修をしていた。
というような新人看護師の方もいるのではないでしょうか。

確かに求人を出している病院は数多くあります。

 

でも、求人をしているから、
必ず採用される。という訳ではありませんよね。

病院側としても、継続して働いてくれる人材を育て、
看護師として勤務してもらいたいと思っています。
求人があるから採用されるという訳では決してないんですよ。

 

新人看護師が新人時代に辞めてしまうということは、
決して珍しいことではありませんが、その理由。
というのはいったいどのような事なのでしょうか。

 

新人時代は何よりも経験を積むことが重要で、
どの職場も、より多くの経験を積ませようと
さまざまな研修を行っています。

そんな研修を途中で辞めてしまった場合、
経験を積むことが出来ませんよね。

 

採用側としては、辞めた理由がとても気になります。
辞めてしまうくらい何か正当な理由があるのか。
このような点は転職先が非常に気にすると考えた方が良さそうです。

 

ただ、一般的な職業に比べると、
やはり看護師免許があるという一点において、
再就職はしやすいとは言えます。

ただ、簡単ではない可能性は高いので、
自分に合った場所を探すことは大切です。

nai

「上司が嫌だから転職」その前にちょっとしてほしいこと

nai新人看護師が転職を考える理由の一つに、
人間関係。
というものを挙げる人は多くいます。

新人看護師の場合、とくに上司との信頼関係が築けない。
ということを挙げるひとは多いようです。

 

新人看護師として病棟に着任をすると、
周りは正直言えばみんな上司です。

最初のうちは親身になって部下である
新人看護師の面倒を見てくれますし、
分からないことなどは手とり足とり丁寧に教えてくれるという人も多くいます。

 

ただ、これがずっと続くのかというと、
違いますよね。

ある程度仕事に慣れてきたら、
業務を任せられたり、
上司の指示によって自分自身が考え動かなければならない局面も増えてきます。

 

最初の頃はいい人だと思ったのに。
最近は無理な事ばかり言ってくる。
仕事を押し付けてくる。

他の人のミスを自分に押し付ける。
といった不満が出てくることが、
慣れてくるに従い増えてくるんですよ。

 

確かに、一見不条理と思うような態度の変化ですが、
上司としてはある程度任せることが出来るようになって来れば、
手とり足とりいつまでも新人をお世話している暇はないというのは本音ですよね。

でも、新人時代に、それを分かれ。
といっても難しいことです。

 

ならば、逆にこの上司のいいところを探して、
いいところを真似てみるようにしていく
ことも大切なのではないでしょうか。

実は一見難しいことを押し付けてきたと思っても、
上司の方がよほど大変な業務を担当していた。
言わないだけでさらっと後処理をしてくれていた。

 

というようなこともあります。
嫌な点ばかりを探すことはやめ、
いいことを探すようにすると、一気に人間関係はよくなりますよ。

上司の信頼できる面を見つけ、逆に良くないと思うことは反面教師として、
自分の中でしっかりととらえれば、将来後輩が出来た時に、
同じような事を繰り返すことがないのではないでしょうか?

okonau

転職した新人看護師がまず行うべきこととは?

okonau新人看護師にとっては、
やはり今までの生活と大きく変わる看護師としての生活では、
辛いと感じる事や分からないことが数多くあると思います。

多くの先輩看護師がここを乗り越えてきたということを考えると、
多少の辛さは乗り越える必要がありますよね。

 

でも、身体に大きな負担になる。
精神的な負担が強く、うつ病などを発症してしまう。
といった場合には転職を考えることも必要になります。

 

転職をする前の職場と、転職をした後の職場では、
看護知識や看護技術が大きく違うということはありませんが、
すべてが同じという訳ではありませんよね。

何か分からないことが有ったら、
積極的に聞くことが大切になります。

 

転職をしたら
まずはその病院の一日の流れを覚えることが大切です。

日勤と夜勤の勤務時間帯はそれぞれどの用意なっているのか、
朝のカンファレンス、夕方のカンファレンスの進め方、
一日を通した病棟の様子や仕事の流れなど、
病院によって実は細かい部分が全く異なるケースがあります。

 

転職先でスムーズに仕事を進めていくためにも、
この一日の流れをしっかりとつかむことが、
最優先に行うべきことになります。

この流れを掴むためには、先輩看護師に話を聞き、
どのように仕事が進むのかを確認する必要もあります。

 

コミュニケーションをしっかりとつことは、
初歩的なことになりますよね。

tensyoku

新人が転職なんてありえないの?

tensyoku看護師として免許を得て働き出すときには、
多くの希望や使命感などを持っているかと思います。

現在看護職は非常に人材不足気味で、
やる気がある看護師はどこの医療機関でも
大歓迎で向い入れられる状態です。

 

以前は新人時代に退職する看護師はあまり歓迎されてはいませんでしたが、
最近では第二新卒と言われれているこの新人時代に退職した看護師でも、
積極的に採用をしたい。
というような医療機関も増えてきています。

ただ、地域によってはまだ第二新卒の採用には慎重な病院もありますし、
新人教育が十分に受けていない看護師に不安を感じているという病院もあります。

 

第二新卒として転職を希望するのであれば、
まずは新人教育をしっかりと続けることが出来る
病院を選ぶことが大切です。

新人時代に挫折した。
という経験は確かに転職にはフリといえます。

 

でも、この挫折をしたという経験を活かして、
再び新人として働く。

という気持ちを持った看護師に対して、
病院側は決して冷たくあしらうことはありませんよ。

 

現代社会は、同じ会社で一生働くという人はあまり多くない状態です、
看護師だって、同じ病院で働き続ける人は決して多くはありません。

それがたまたま新人時代だったということだけで、
看護職をあきらめる必要はないんです。

 

思い切ってい転職をして、
今度こそは自分に合う職場を探す。
ということは、場合によっては必要な事でもありますよ。

api-ru

第二新卒がアピールできるポイントとは?

api-ru看護師の世界で、
第二新卒はあまり好まれる存在ではありません。

どちらかというと転職には不利な存在ではありますが、
アピール力次第では、
第二新卒でもよりよい転職先を見つけることが出来ますよ。

 

まず、第二新卒は若さややる気についてはありますよね。
元気ではきはきとした応対というのは、
見ていても気持ちが良いものです。

同時に清潔感や清涼感といった、
ものは非常に大切なことになります。

 

看護職員として、
髪型に気を使い、
髪の色なども気を付けてみてくださいね。

メイクについても注意は必要です。
派手すぎず、かといってノーメイクはNGです。

 

基本的には社会人として落ち着いたナチュラルメイクを心がけ、
全体的に若くさわやかなイメージは非常に重要です。

 

面接などの段階でも、
疑問に思うことは積極的に聞いてみる
という姿勢は大事です。

求人票で分からないことがあった場合、
あいまいなまま濁しておくよりは、
分からないことがあったので教えていただけますか?

 

というように、積極的に尋ねるという姿勢は、
業務でも非常に重要になってくることです。

尋ねるということは
やはり恥ずかしいと感じる人もいます。

 

でも、看護師として分からないことをすぐに解決する姿勢。
というのは、非常に大切です。
聞くとうことはコミュニケーションを持つきっかけにもなります。

今後円滑に仕事をする、人間関係を築くためにも、
積極的に尋ねることが出来る人を、
多くの医療機関は好感度が高い人物ととらえることが多いようですよ。

hituyou

新人看護師が転職先を決める時に重要視したいこと

hituyouまだ新人看護師と呼ばれている時に、
転職をする。
というのは難しい面もあります。

すでに今働いているところに対してなにか問題があるから、
転職をしようとしている。
ということですよね?

 

次に働くことになる職場に入職したとしても、
また似たようなことで離職を考える
ということになることは避けたいことです。

転職先選びは慎重に行う必要がありますよね。
新人看護師は、知識や技術についてはまだまだ未熟です。
研修を積み、看護師としてしっかりと経験を積む段階にあります。

 

この状態での転職ですから、
転職先でしっかりと研修を積むことが出来る。
ということは絶対条件としてあげられます。

しっかりと研修を積まなければ、
結局中途半端な状態で、看護師として成長できない。
ということが起こってしまいますよ。

 

新人でも転職を考えるという人の中には、
体調面に不安を感じているために転職をする。
という方もいますよね。

病棟勤務の不規則なシフトは、
慣れないうちは体調を崩しやすく、
体力があったとしても健康に不安が出てくることがあります。

 

転職先でも同じような状態で働けば、
やはり健康に不安が出てきますよね。

それであれば、
時間的に融通を効かせてくれるようなところを
選ぶことが大切になってきます。

 

その分どうしても看護技術や知識の習得はゆっくりなペースになりますが、
このような点も配慮してくれるような施設を選ぶと、
働きやすい、続けられる。

という勤務先になるのではないでしょうか。

nouryoku

転職先から求められている能力って?

nouryoku新人看護師が転職をしようと思う時、
転職先の病院やクリニックが気にすることって
どんなことだと思いますか?

卓越した看護師としての能力があるのか。
知識や技術は十分に業務を行うレベルに達しているのか。
そのようなことだと思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、新人看護師にそこまでの期待をしている
病院やクリニックというのは、
正直に言うとあまりありません。

もっとも求められているのは、
コミュニケーション能力です。

 

看護師経験が薄い新人看護師に
看護師としての基本的な知識や技術は求めても、
卓越しているということはあり得ませんよね。

それよりは、患者さんや同僚、医師などと
しっかりとコミュニケーションをはかり、
仕事を円滑に進めようとする姿勢の方が、大切になってくるんです。

 

もちろん、転職をしようとしている病院や
クリニックによって
求められている条件というものは異なってきます。

 

例えば入院設備がある病院であれば、
夜勤をこなすことが出来る体力が必要。
と考える所もあります。

専門的な医療を行っている専門医であれば、
専門的な器具類や検査などを
積極的に学ぼうとする向上心があることが大切。

と考える場合もありますよね。

 

転職先を探すときには、
このような病院やクリニック側が求めている条件に自分が合っているのか。
という点も考える必要があります。

nwbankea

新人ナースが覚えておきたい大切なコト

人を助ける志を忘れずに!

nwbankea
新人ナースは看護学校で看護教員の教えを受けて、
ある程度の知識と一定年数の
教育を受ければ新人看護師となれます。

しっかりとした看護知識があるということは
当然のことですが、人を助ける志をもって
一人前の看護師を目指していかなければなりません。

 

教え子の成長を楽しみにして育ててくれた
看護教員の恩師にも報いられるように
一生懸命がんばっていきましょう。

ただ、看護知識がしっかりあるから
大丈夫ということではありません。

 

これからは実際の現場で
働いていかなければなりません。

 
 
 

友達や先輩のアドバイスを大切に

最初の新人研修ではどのようにしたら
早く理解して習得できるのかということを常に考え、
同僚や先輩、患者さんに迷惑がかからないように
働いていくべきでしょう。

また、コミュニケーション能力を
高めるのも重要
です。

 

新人看護師として転職を考えているならば、
本当に今の職場をやめて転職すべきなのかを
まずじっくりと考えるべきです。

今の職場で我慢してもう少し経験を積んでからでも
遅くないかもしれません。

 

また、もし転職するとなっても
新しい職場でならやっていけるのかを考える必要もあります。

一度友達や先輩のアドバイスを
聞いてみるのもよいかもしれません。

 
 
 

看護師の仕事場は主に3つ

ejgwjoae
オールラウンドで活躍する看護師には、
配属先によって高い専門知識が
求められるようになっています。

看護師資格を持ち、さらにスキルアップのために
多くの医療資格取得を目指す方が
いらっしゃると思います。

 

そこで看護師の新しい働き方について
資格をテーマにお話ししていきます。

まず看護師の仕事場を三パターンで分けると、
1病棟2オペ室(機械だし看護師およびオペ室周り看護師)
3透析センターやトレーニングルームなどの
各部門サポート
と考えられます。

 

新人ナースの場合はこの中でも1が多く、
求人内容から3の各部門配属になることも
あります。

 
 
 

ダブルライセンスとは?

オペ室担当の看護師は主に経験豊富であるか、
上位看護大学を卒業されているかたに偏ります。

バイタルケアを学び病棟看護師専門になる方と、
各部門専門の知識を学びながら
医師・他の医療従事者の補助を行う方とでは
求められる知識の量が違ってきます。

 

これは転職における差を生み出す要因となります。
専門性を求められる中で、
ダブルライセンスが人気
となっています。

看護師の資格を有するかたが、
臨床工学技士専門学校で一年学ばれると、
国家試験をうけることができます。

 

臨床工学技士のライセンスで
医療器械に対する知識があることが証明されますので
転職で大変有利になります。

ダブルライセンスは
募集側によいアピールになります。